2/18ワークスタイルセミナー「理系研究者としての学び」のお知らせ

博士後期課程授業自己分析・ワークスタイルセミナーB

『理系研究者としての学び』- 高専での教育と研究について -

を下記の要領にて実施します。

日時:2022年 2月 18日(金)
15:30~16:30 講演
16:30~17:00 ディスカッション

場所:A棟 A202

講師:河合 里紗 さん(鈴鹿工業高等専門学校材料工学科 助教)

<一言メッセージ>
皆さんは高専にどのようなイメージを持っていますか?私は鈴鹿高専で材料系の専門科目を教えながら、界面活性剤の研究をしています。高校や大学とは一味違った特殊な環境での教育・研究について知っていただけたら嬉しいです。

<プロフィール>
2015年 奈良女子大学理学部 化学科卒業
2020年 奈良女子大学大学院 博士後期課程修了
2020年 奈良女子大学 大和 ・ 紀伊半島学研究所 協力研究員
2020年 鈴鹿工業高等専門学校材料工学科 助教

<申込み>
所属 ・ 学年 ・ 学部問わず 、 ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます 。
人数を把握するために 参加希望の方は事前に下記の連絡先のアドレスまでメールをお
願いします 。
【件名】 「 0218 セミナー 」
【 本文 】  「 お名前 ・ 所属 専攻 ・ コース ・ 学年 」
【締め切り 】  2月17日 (木)

<連絡先>
王珊 奈良女子大学 人間文化総合科学研究科自然科学専攻 一回生
詳しくは添付のチラシをご覧ください。

チラシ ワークスタイルセミナー20220218

■ ■ ■ D学生企画 ワークスタイルセミナー とは ■ ■ ■
博士後期課程の選択必修授業のひとつである「自己分析・ワークスタイルセミナー」では、学生さん自身がセミナーを企画・実施します。ご自身のキャリアを考える上で、ポジティブな影響が期待される講師を、周囲と相談しながら選定し、具体化させる授業です。キャリア開発支援本部がバックアップしている授業なので、この場でご案内いたします。受講生相互に参加しあうことはもちろん、学部生、マスターの学生さん、教職員の皆さんにも広くご参加いただきたいと思います。また、本授業は今年度からスタートした博士後期課程学生の支援補助事業SGC/SGC+の一環でもあります。チラシが出来上がっているものから順次ご紹介していきます。